副作用を知ってプロペシアを服用しよう|安全性を高める秘訣

3人の男性

AGAの先発医薬品です

育毛

AGAの特徴

男性に発生する脱毛症をAGAと呼びますが、AGAにはいくつかの特筆すべき特徴があります。例えば、脱毛が額の両側または頭頂部から始まります。前者をその形状からM字ハゲ、後者をつむじハゲ等と呼ぶこともあります。またAGAは、遺伝によって発現する形質であることが解明されています。具体的には、父親または母方の両親のどちらかからAGA発現遺伝子を受け継ぎ、歳を重ねていくうちに脱毛症となるのです。そして、AGAを早くから発現する人では、30歳代から脱毛症が現れます。AGAは病気ではありませんから、生活には支障ありませんが、男性のコンプレックスの大きな原因になります。ですから、ケースによっては治療が必要になるのです。

AGA治療薬

AGA治療薬は既に開発されており、その先発医薬品の製品名はプロペシアと言います。プロペシアの有効成分はフィナステリドで、AGAを発現させる原因物質であるジヒドロテストステロンを増加させる5αリダクターゼを阻害して脱毛防止効果を現します。プロペシアは日本でも承認された医薬品ですが、副作用も報告されています。プロペシアの副作用の主なものとして、性欲減退や勃起不全、そして睾丸痛等があります。その他にも重篤な副作用が起こるケースもありますが、その発生は非常に稀で、プロペシアは比較的安全性が高い医薬品と言うことができます。プロペシアは、医師の指示に従い注意して服用する必要があります。そして、副作用が現れた場合には、服用を中止して医師の診察を受けましょう。