副作用を知ってプロペシアを服用しよう|安全性を高める秘訣

3人の男性

AGA治療のリスク

頭に触る男の人

AGA治療とは

AGAとは男性型脱毛症のことであり、主に治療をするさいの病名として使われています。脱毛症は毛が抜けてしまうことですが、AGAで対象となるのが髪の脱毛となっています。本来、男性の多くは老齢になると髪の毛が薄くなる傾向にあります。これは老齢性脱毛症と呼ばれ自然現象と考えられています。一方で老齢性脱毛症になるには早い若年や壮年の男性がなるのが男性型脱毛症です。男性型脱毛症の原因のひとつとしては、男性ホルモンの働きがあると考えられており、その働きを抑制することで治療することが可能です。このためクリニックで受けることができるAGA治療では、プロペシアと呼ばれる薬による投薬治療が行なわれるのが一般的です。

発生するリスクとは

AGA治療を行う際に注意したいのが副作用のリスクです。副作用はどの薬にも存在していますが、プロペシアも同様です。プロペシアに含まれる有効成分であるフィナステリドは、もともとは前立腺肥大症に対応するための薬として開発されたものです。このフィナステリドの副作用として多毛症があり研究の結果、フィナステリドが行う特定の男性ホルモンへの阻害活動が男性型脱毛症に効果があることが判明してAGA治療薬として販売されるようになっています。一方で、プロペシアは前立腺肥大症に効果があると同時にそれが副作用になるリスクがあり、5%未満の確率で性欲減退、1%未満の確率で生殖機能に悪影響が出るとされています。また重大な副作用として肝機能障害が出るリスクがあり、副作用が悪化するリスクを抑えるためには医師の経過観察が重要になります。