副作用を知ってプロペシアを服用しよう|安全性を高める秘訣

3人の男性

AGAに効く薬

案内

飲む前に知っておくこと

プロペシア(フィナステリド)は、AGA(男性型脱毛症)を改善するための治療薬です。もともとは前立腺治療の薬としてアメリカで生まれ、日本では2005年に厚生労働省によって「安全に服用できる薬」として認可されました。プロペシアは医師の指示に従って服用することで安全に服用できますが、まれに副作用が出るケースもあります。プロペシアの副作用には、下痢、眠気、頭痛、腹痛、勃起不全、精力減退などがあります。プロペシアはAGAの原因のひとつである男性ホルモンに働きかける薬なので、人によっては性機能障害になるケースが多いようです。副作用の症状が出たら使用を中止し、処方してもらった医師に相談することをおすすめします。

一日一錠飲むだけでいい

AGAの予防や改善に優れた効果がある経口薬がプロペシアです。プロペシアを服用した人の8割以上が、AGAが治った、抜け毛が減ったなど、何らかの効果を実感しています。プロペシアは一日に一錠好きな時間に飲めばいいだけなので、とても手軽に抜け毛予防ができます。飲み始めて半年くらいで4人に1人の人が抜け毛が減ったのを実感したというデータもあります。そして飲み始めて3年で8割以上の人が以前よりも抜け毛の量が少なくなったのを実感しています。プロペシアは医薬品なので、手に入れるには医師の処方箋が必要になります。処方箋は皮膚科や美容皮膚科、発毛外来などで出してもらえます。医師の指示のもとで服用することで、副作用が出るリスクを減らすことができます。