副作用を知ってプロペシアを服用しよう|安全性を高める秘訣

男の人

男性用の飲む育毛剤

鏡を見る男性

人気のAGA治療薬

AGA(男性型脱毛症)の改善に効果がある内服薬が「プロペシア錠」です。プロペシア錠は一日一回飲むだけでAGAの予防と改善ができるという「飲む育毛剤」です。プロペシア錠は、前立腺肥大の治療のために開発された「フィナステリド」がもとになっています。フィナステリドに多毛症の副作用が確認されたことから、世界初の毛生え薬としての研究が進み、プロペシア錠が誕生しました。日本でも厚生労働省によって認可されており、医療機関で医師に処方してもらえば安全に服用できます。ただし、ネットなどで個人輸入する場合は副作用が起こっても自己責任になります。プロペシア錠の副作用には頭皮の痒みや頭痛、男性機能の低下などがあります。

安く買う方法

プロペシア錠は飲んですぐに毛が生えてくるわけではなく、効果が現れるまで時間がかかります。早い人で3か月ほどで、抜け毛が減少したのを実感できます。3年以上服用してやっと効果が現れる人もいます。そのため、よっぽどの副作用が出ない限り、途中であきらめずに飲み続けることが大切です。発毛クリニックなどは専門的なカウンセリングや検査がある分、何かとお金がかかります。プロペシア錠だけがほしい場合は皮膚科がおすすめです。皮膚科なら身近にあるので、発毛クリニックよりも気軽に通えて治療費も抑えられます。ネットで個人輸入すると偽物を買わされるリスクもありますが、皮膚科ならそうしたこともなく、正規品を安全に服用できます。

AGAの先発医薬品です

育毛

薬にはどうしても副作用がつきものですが、プロペシアにも副作用が存在していると言われています。髪に対して効果が期待出来るものではありますが、万が一に備えてしっかりと服用するときには医師の指示も仰ぐことが大切です。

詳しく見る

AGAに効く薬

案内

AGAの原因である男性ホルモンを抑制し、抜け毛が増えるのを予防できるのがプロペシアです。プロペシアは医薬品なので、人によっては副作用が出るリスクがあります。医療機関を受診して、医師の指示のもとで服用することが大切です。

詳しく見る

AGA治療のリスク

頭に触る男の人

プロペシアは男性型脱毛症に効果のある薬です。しかし、プロペシアはもともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されたフィナステリドが主成分となっており前立腺肥大症に関連する副作用がでるリスクがあり、使用には注意が必要です。

詳しく見る